水道工事は資格を持った専門業者に依頼を

水道 工事と聞くと、身近なものでは水漏れや蛇口交換の対応といった修理などがあります。その他にも家やビルを建てる時の配管工事やリフォームなどの際に配管を引き直したりするなどの作業も水道 工事の一種です。そのため、一口に水道工事と言ってもどのような作業を行うかによって必要な資格も異なります。

■身近な水道を整備してくれる役割

水道工事には水漏れや排水口のつまりを解消してくれるなどの修理だけでなく、水を家庭に運ぶ為の配水管や、下水に流すためのものなどもあり幅が広いです。大きくわけると、各家庭やビルなどの建物に水道管を引く「給水管引込工事」、建物内の給水や配水の設備を整える「屋内配管工事」、そして下水を配水する為の設備をつくる「下水道排水設備工事」の3つがあります。


■水道工事には資格が必要

私たちが生活する上で欠かせない水道の工事を行うことができるのは資格を持った専門業者でなければいけません。誤った工事を行ってしまうと上水と下水が混ざってしまったり、水漏れを起こしてしまったりとトラブルの原因になってしまいます。水道の不具合が見られ、自分で対処ができないものであれば専門業者に修理を依頼しましょう。



■まとめ
自分で対処ができないほどの水のトラブルが起きた際や、リフォームなどで配水管の位置を変えたりする場合には資格を取得している専門業者に修理の依頼をすることが必要です。困ったことがあればすぐに専門業者に相談することをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ