水道工事や施工をする前に知っておきたいこと

新築で家を建てる時や、リフォームなどで現在引いている配水管の位置を変えたい、新たに蛇口を取り付けたり配水管を延長したいといった時には水道の工事や施工が必要になってきます。こうした時にはどのようなことが必要になるのか、また業者を選ぶ時のポイントについて紹介します。

■リフォームで油断しがちな水回り

家やマンションのリフォームといえば、家具、壁、キッチン関連など第二のスタートをはじめるため気持ちも一新できて嬉しい気持ちになる人も少なくありません。しかし、油断してはいけないのは水回りです。10年以上が経過した水道管であれば、さびやひびなど劣化が目立つことがあります。リフォームと一緒に水回り関係も補修、修理が必要な専門業者に確認してもらうとよいでしょう。


■水道工事には申請が必要

水道工事の予定が決まったら、事前に地方自治体へ水道工事の申請を行わなければならないことがあります。申請すると工事の方法や使われる素材などが水道法に違反していないかチェックされ、合法と認められると工事が承認されます。申請は自分で行うこともできますが、業者に代行してもらうこともできます。代行の場合は手数料が請求されます。


■まとめ
新築やリフォームなどで水道工事を施工する際には地方自治体への申請が必要な場合があります。また、工事は水道局指定の業者で行わなければいけません。こうしたことを踏まえて、きちんとした業者を選び、期間に余裕を持った計画を立てることが大切です。トラブルにならないためにも、業者選びは慎重に行うことをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ